読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEKILさんがログインしました

ゲームの話や日々の駄文など

Let's take it easy.

HEKIL has logged in

PS4の新型が発表された事について

 先日のPlayStation Meetingで新型のPS4が発表されましたね。

 薄く軽くなりリーズナブルになったPS4と、よりパワフルな表現が可能になったPS4 Pro。私はYoutubeでの放送と、様々なニュースサイトでの記事を読んで、興奮から殆ど朝と呼べる時間まで眠れずにいました。今回はその新しいPS4について思ったことを話したいと思います。

機能そのままにシュリンクされたPS4

 まずは薄型になった新型PS4から。これは今まで販売されていたPS4を薄くして、よりコンパクトにしたモデルですね。価格も税別で29,980円と、現行のものよりお安くなりました。私の従兄も前からPS4を欲しがっているのですが、これで踏ん切りがつくんじゃないかと期待してます。

 デザインに関して言えば、PS2PS3と同じく廉価モデルらしい感じが出ているような・・・?でもそこまでチープでもないですね。丸っこくなったのがちょっと違和感ありますけど、デザインは慣れてしまうものですからね。

 他所ではあまり触れられてない感じですが、光デジタル端子が無くなってしまいました。コスト削減によるものだと思いますが、HDMIが普及する前のホームシアターを使ってる人には、厳しい仕様変更です。確かにPS3の頃と比べると、PS4の光デジタル出力は使いづらいものでしたから、今回の変更は理解できなくもないです。もうテレビもオーディオもHDMIが前提になってきてますからね。

 その端子類がある背面なのですが、これは素晴らしいデザインですね。以前は端子類が排気孔の上部にくる形だったのですが、これでは端子類に50℃の熱風がダイレクトアタックしますので、発売前から信頼性に懸念を抱いてたんですよね。 新型は本体の下側に端子類が集中して、排気は良く見えませんが、たぶんその上から出る形になってるかな。発熱も抑えられますし、効率も良くなるでしょうね。素晴らしい変更だと思います。

パワーアップしたPS4 Pro

 以前から存在が明言されていたパワーアップモデルのPS4がついにお目見えしました。メモリは互換性の為にPS4と同等ですが、GPUが大幅に強化されて、CPUもクロックアップにより強化されています。これによって4kへの対応などの更なる上質なゲーム体験が可能になります。デザインは段数が増えてプレミアムモデルを象徴したような感じで、パワーを感じます。

全モデルHDR対応へ

 現行モデル含め、全てのPS4がHDRに対応することも発表されました。HDRとはハイダイナミックレンジの略で、例えば太陽の明るさだとか、漆黒の闇だとか、そういったコントラストを表現する幅を広げるものです。私たちが普段目にしている景色に比べて、今までのテレビでは非常に狭い範囲での表現しか出来ませんでしたが、技術の向上によって現実に近いレベルでの表現が可能になって来たことから、今回のHDRの対応に繋がりました。(実は4kよりもHDRの方が画質への影響が大きいとか)

 私も4kやHDRでゲームを体験したいのですが、まずは対応テレビを買うところからですねw

早速始まるぼったくり・・・

 まあ新型だとかには付きものな問題ですが、早速高値で売り出すところがありますね。

f:id:HEKIL:20160910020648p:plain

Amazonはちゃんと定価なんですが、発売日前でどうしてこんなに高く売るんでしょうか。発売後に品薄になってるとか、オープン価格なら分かりますよ?でも値段も発表されて、予約も始まったばかりじゃないですか。こんなの絶対に買っちゃ駄目ですよ。

値段への疑問点

 値段といえば、PS4 Proの値段設定には疑問を抱かずにはいられない。別に高いとかそういう愚痴ではないですよ。でもね、アメリカで399$なのにどうして日本は44,980円なんだ!?

 例えば薄型の方は299$で29,980円ですよ。何かがおかしい・・・。39,980円の方がインパクトもあると思うんですけどねえ。そこだけちょっと靄がかかるというか、疑問に感じました。Proを買う人たちは5000円くらいは気にしないと思いますけどね。

 私もProは絶対に買うと明言出来ますが、テレビを買い替えないと恩恵が少ないので、発売日に買うかと聞かれると困っちゃいますねw